脱毛器の熱・痛みに耐えられない…対処法は?

脱毛サロンmippiをオープンして早一ヵ月。オープニングキャンペーンの効果もあって、たくさんのお客さんが来店してくださっています。

スタッフもなんとかやめることなく笑顔で働いてくれているので助かりますね。お客様とのたわいない会話が一番のよろこびですね(^^)/

さて、家庭用脱毛器を使用されたことのあるお客様もたくさんいて、家庭用脱毛器についてよく質問を受けるのでまとめておきますね。

 

自宅で脱毛器を使う場合、熱や痛みが気になるというケースは多いです。ただ、工夫次第で痛みを感じにくくすることができます。

そもそもの痛みの原因は何かと言えば熱が元となっています。家庭で使える脱毛器の主流なのがフラッシュ脱毛と呼ばれるタイプですが、これは光を照射して脱毛効果を発揮させるというものです。そして光が発せられる際には熱を伴うため、それが痛みとなって現れます。

つまり痛みを小さくするには熱を感じにくくすれば良いのですが、そのためにも保冷剤を使って冷やすのが基本と言えるでしょう。

やり方としては、照射する部位に保冷剤を10秒程度当てるようにします。そして冷えたと感じることができたら照射をします。

しっかりと冷やすことができていればそれほど痛みを感じることはないはずですが、それでも刺激に感じる場合はもう少し時間をかけて冷やすようにした方が良いでしょう。

照射をした後もしっかりと冷やすことが欠かせません。照射した部分は熱を持っていますので、放置しておくと炎症が起こりやすくなってしまいます。しっかりと冷やすようにしないと肌が赤くなったり、ぶつぶつができてしまうこともありますから注意しなければいけません。

冷やしては照射を行い、また冷やしては照射を行いという繰り返しの作業となりますので、保冷剤をいくつか用意しておくと作業もやりやすくなります。

基本的にはきちんと冷やすことで刺激を感じてにくくなりますが、それでも痛みがある場合は脱毛器の出力を調整してみることも必要です。

そもそも出力が高くなっていると、肌への刺激も強くなってしまいます。それでは負担が大きくなってしまうのも無理はありません。

出力を高くすれば効果もアップするものの、負担も大きくなってしまいますので、やたらに強くすれば良いわけでもないのです。

ただし、脱毛器の出力を弱くし過ぎてしまうのも良くありません。出力を下げれば刺激も弱くなるものの、肝心の脱毛効果も低くなってしまいます。家庭用の脱毛器は元々効果も高くないため、弱くし過ぎてしまうとあまり意味がないこともあるのです。

ですから単に出力を下げるだけの対処はせず、適切な強さを維持しつつ、そしてしっかりと冷やすことも心がけて作業をするのがポイントと言えます。

なお、どのように工夫をしても刺激に感じる時は、乾燥などが理由で肌が弱くなっている可能性があります。そういった場合はまず肌を回復をさせるか、あるいはプロに相談をした方が良いでしょう。

毛深すぎて、どうすればいいのか分からないんです。

体毛って、どこまで処理すれば良いのか、実際のところよく分からないんです。

ムダ毛だと思えたら、そこは全部処理の対象になるんだとしたら…。

子供の頃から毛深くて、50代前半になった今でも、少し若い頃よりは薄くなったとは言え、それなりに体毛は生えています。

だいたい女性は、脇や腕や足の脱毛をしますけど、私の場合は手や足の指の関節部分にも生えているんです。

そういうところまで全部脱毛するとなると…、何だか気が遠くなってしまうんです。

もちろん、毛深いのが気になって剃刀で剃っていた時期もあります。

でも、それだと生え始めの時にポツポツと黒く見えるのが余計に汚らしく見えますし、肌荒れも気になってきます。

指先は目立つので、頻繁に剃っていたように思います。

そのうち、この追いかけっこに嫌気が差して、脱毛クリームを試そうと思ったこともありましたけど、結局止めてしまいました。

だって、普通の女性よりも明らかに毛深いことが分かっているので、効果がない可能性が大きいじゃないですか。

反対に、毛が多くて濃い分だけ、沢山の薬剤が必要で、肌荒れやカブレなんかは、普通以上にあるかもしれません。

ツルツルで、スベスベの腕や足に対するあこがれは今でも充分あります。
出来ればそうなりたいと思いますし、年齢で諦めたくもないと思ってます。

でも、実際問題として、楽しんであれこれ試せるほど若くもないんですよね。
最近では、夏場にサンダルを履く時だけ、足の指の毛を剃っています。

手の指の毛はもう諦めましたし、腕や足もスカートではなくパンツを履いたり薄手の長袖を一枚羽織ったりして、できるだけ洋服から出さないようにしています。

全身脱毛と言う言葉をよく聞きますけど、こういう感じで毛深い人間は、それをするしかないんでしょうか。

今更…って言う気もしますし、手頃に自分でツルツルスベスベになる方法がないのかと探してはいるのですが、未だになにも実行に移せていません。

私が若いころは、今みたいに脱毛店もなかったですからね。最近は、10代から脱毛に通っている人もいるみたいで。なんか羨ましいですよね。

私の自宅は久留米なんですが、久留米にもいくつか脱毛店が出来たみたいですね。≪脱毛 久留米市

あと20年若ければ私も通っていたんですけどね。。。

シワシワで毛深いお婆さんにだけはなりたくいです。

職場の男性に腕の毛深さを指摘されてショック!胸に刺さる他人の言葉に真剣に脱毛を考える

人目につきやすい手足が毛深くて困っています。

元々そんなに毛深い方では無かったと思うのですが、中学生くらいからムダ毛処理を続けているのでその影響が大きいのではないかと思っています。

特に気になるのが腕です。

処理しなければ、まるで動物の毛並みに近いくらいの毛深さです。

しかも日に焼けない肌質なので(赤くなるだけで終わるタイプ)結構色白なんです。

またこれが毛深さを際立たせてしまうため、小麦色に焼けている人を見ると羨ましくなります。

普段はムダ毛処理専用の電気シェーバーを使用しているのですが、これもあまり安価なものだとすぐに剃れなくなったり、ヒリヒリしたり痒くなったりと肌にも良くないので、最低でも5000円から10000円くらいのものを購入しています。

毛穴がプツプツしたりと自分でも肌に良くないことはわかっているので、肌の露出の少ない季節には処理しないようにしています。

ですからその間、友人に温泉など誘われると真っ先に「ムダ毛処理」が頭に浮かんでしまいます。

職場は制服着用で冬服は長袖ブラウスなのでまだ良いのですが、夏服は半袖になるのでムダ毛処理は欠かせません。

しかし本当に危険なのは、冬服時に腕をまくり上げるようなことが起こる場合です。

職場は9月に冬服になるので、それからはムダ毛処理はしないようにしています。

ある年末の大掃除の時、私は拭き掃除担当になりました。

そこですぐに「ヤバイ!」と気がついたので、長袖ブラウスを下ろしたまま掃除していました。

しかし大局さまのリーダー格の先輩が「袖上げないと汚れるよ」と親切に忠告してくれました。

確かに濡れて汚れてしまいますし、見た目も一生懸命に掃除している感が薄いです。

でも腕の毛がボーボーだしどうしようと迷っていると、その先輩がまるでお母さんのように「ほらほら」と両手がびちょびちょの私に代わって、ブラウスのボタンを外して袖をまくり上げてくれたのです。

言い訳がましく「腕毛深くて~」と言うと、「そんなの掃除に関係ないって」と私の意見は黙殺されました。

すっかり諦めて袖をめくったまま、掃除に勤しんでいたのですが、直接の上司ではない係長の男性が「また随分と毛深いなあ」と私の腕を見てズバリ言ってきました。

すぐに他の先輩が「それセクハラ発言ですからね」と突っ込んでくれたので、それ以上は何も言われませんでしたがやっぱりショックでした。

自分でも自覚しているとは言え、やはり他人からの言葉というのは心に刺さるものです。

その出来事以来、年末の大掃除の前日には忘れずにムダ毛処理するようにしています。

このムダ毛処理は一生続くものなのか、それともいつかムダ毛処理なんて関係ない時期がやって来るのか。

そんなことを考えていた頃、友人が脱毛を始めました。

はっきり言ってその友人、私より全然、全然毛深くないです。

これまで美容皮膚科やエステでの脱毛なんて考えてもいなかったのですが、身近に始める人がいると不思議に自分にも可能性が広がってくる気がしてくるものです。

料金を聞くと全く手が届かないびっくりするような金額でもないようですが、それでも実家住まいの友人とは違い一人暮らしの身ですから、すぐに決断するにはちょっと戸惑いはあります。

友人とはそもそも毛深さの質が違うので一概に同じになるとも言えませんが、取りあえずは友人の脱毛状態を観察させてもらいつつ、その決断の時が来るまで地道に「脱毛貯金」していこうと思っています。

このサイト(※脱毛津市)に私の住んでる津市の脱毛情報が載ってるので、どこに行こうかじっくり決めたいと思います。